Homebrewを管理者エリアからアンインストールし、ユーザーのホームディレクトリにインストールする

こんにちは、お読みいただきありがとうございます。 ケン(@gootablog)です。

今使っているMac Book ProはHomebrewを管理者権限の場所にインストールして使っています。最近アカウントを複数作成して使い分けをする必要が出てきたので、今回は管理者権限のHomebrewを削除して各ユーザーディレクトリ直下にインストールするようにします。

※すでにインストールしているパッケージがある場合はバックアップをしておきましょう

HomebrewにインストールしたパッケージをBrewfileにバックアップして管理しやすくする

Homebrewを管理者権限の場所からアンインストール

まずはアンインストール

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/uninstall)"

必要ならばパスワードを入力して実行してください。

実行すると以下のようなメッセージが出ると思います。該当のファイルを消しましょう(消さなくてもOKです)

==> Homebrew uninstalled!
The following possible Homebrew files were not deleted:
/usr/local/bin/
/usr/local/.com.apple.installer.keep
/usr/local/include/
/usr/local/remotedesktop/
/usr/local/etc/
/usr/local/n/
/usr/local/var/
/usr/local/lib/
/usr/local/Cellar/
/usr/local/share/
You may wish to remove them yourself.

これで削除ができました。

Homebrewをユーザーのアカウントのホームディレクトリにインストール

インストール先のディレクトリを作成してインストールをします

$ cd ~
$ mkdir .homebrew
$ curl -L https://github.com/Homebrew/brew/tarball/master | tar xz --strip 1 -C .homebrew

.zshrc.bash_profileにパスの設定を書きます。

export PATH=$HOME/.homebrew/bin:$PATH
export HOMEBREW_CACHE=$HOME/.homebrew/caches

シェルを再起動するかファイルを再読込します。これでホームディレクトリにインストールしたHomebrewが使えるようになりました。

$ exec -l $SHELL
# or
$ source ~/.zshrc

Brewfileがあればまとめてインストール

HomebrewのバックアップファイルBrewfileがある場合はそれを使ってインストールし、サクッとHomebrew環境を整えましょう

$ brew bundle
Tech その他

関連記事