顔にできた粉瘤(ふんりゅう)を手術で取ってきました

article-thumbnail

こんにちは、いつもお読みいただきありがとうございます。
Ken(@gootablog)です。

数年前に顎の根本らへんにニキビとは違うしこりのようなが出来ていました。気にはなるけど痛くも無いしほったらかしにしてました。

最近それが気になりだして調べてみたら粉瘤というものらしく、手術をして取らないと治らないとのこと。

じゃあ治すかと思い立って手術をしに行ってきました。
結論、すぐ取れるし費用もそこまで高くはないので行ってきてよかったです。

粉瘤って?

皮膚の下に袋状の構造物(嚢腫)ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。たまった角質や皮脂は袋の外には出られず、どんどんたまっていきますので、時間とともに少しずつ大きくなっていきます。身体のどこにでもできますが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすい傾向があります。やや盛り上がった数mmから数cmの半球状のしこり(腫瘍)で、しばしば中央に黒点状の開口部があり、強く圧迫すると、臭くてドロドロしたネリ状の物質が出てくることがあります。
(皮膚科Q&A)

僕の場合は顎の根本(もみあげの下らへん)に直径1.5cmくらいで少し盛り上がってるブヨブヨしたしこりができていました。

粉瘤から出る臭いが気になったので手術を決意

見た目的にはしこりができてるなって気づくけど、自分では気にならなかったです。なので放っておこうって思ってました。

でも粉瘤から臭ってきたんですよ。粉瘤は袋状のものが皮膚の下にできてそこに汚れなどが溜まっていきます。たまりに溜まると異臭となって出てくるんです。
臭いはめちゃくちゃ臭いというわけじゃなく、ほんのり臭うっていうレベルなのでキツくはない。でも顔にできてるので臭う時はどうやっても避けられなくて、拭いても洗顔しても臭ってきます。

それで取る方法を調べたらそんなに費用がかからないってことを知ったので手術をしてきました。

渋谷のおおしま皮膚科で取ってきました

「粉瘤 手術」で検索するとおおしま皮膚科っていう渋谷にある皮膚科が出てきます。毎日粉瘤の手術をやっているみたいで、アクセスもいいしこちらで手術を受けることにしました。

場所も渋谷ということで混むと思ったので土曜日の午前に行ってきました。
予約しないで行き、粉瘤の手術と伝えると普通の診察とは別で診てくれるみたいです。院長先生が診察をして粉瘤だと判断されたら説明を受けて手術、という流れ。

説明を聞くと

  • 手術の前に感染症などのチェックをするための血液検査
  • 手術時間は部分麻酔をして15分くらい
  • 翌日に経過を見せに行く必要がある
  • 手術当日はシャワーもだめ(翌日からはOK)
  • 湯船は1週間後くらいが目安(温泉やプールはしばらく控えたほうが良さそう)
  • 当日と翌日はお酒NG
  • 運動は傷の大きさにもよるが4日〜1週間は控える

などなど注意点がある。

これも踏まえ同意書にサインしたら手術。
粉瘤の直径は1.5cmくらいでしたが開ける穴は2mm、傷も目立たいとのこと。

実際に始まると部分麻酔をしてサクッと袋を取るだけでした。最初の麻酔だけ痛かったですがその後は何かやってるなくらいの感覚で痛みは無かったです。時間は体感で10分もかかってないような気がします。摘出後、袋見ますか?って聞かれましたけどネットでちょっと見てたので断りました(笑)。術後は止血してガーゼとテープで止めて終了です。

薬は抗生物質と痛み止め、軟膏が処方されました。
術後はそんなに痛くならないだろうと思ってたんですけど、場所が顎だったんでごはん食べる時に少し痛みを感じて長引いたので1回だけ痛み止めを飲んだくらいです。

翌日に見せにいくと、膿がでるようならこまめに出すようにと言われました。残ると治りが遅いようです。
この日は傷口のガーゼを交換して終了。あとは自分でガーゼとテープ買って交換してねって言われました。買うのめんどくさいんで絆創膏でも大丈夫かな?

費用

かかった費用は、初回は手術代(大きさや場所により異なります)や検査料、薬代で計1万ちょっとでした。あとは再診などで少しかかります。
でもこれで1万なのでそんなに高くはなかったかなと。
結果的に臭いが無くなって見た目的にもしこりが無くなったのでやって良かったです。

気になっている人はぜひ取ってみてください。

おおしま皮膚科

Other