やなか珈琲店でコーヒー豆を購入。初めての人でも買いやすい

article-thumbnail

こんにちは、いつもお読みいただきありがとうございます。
Ken(@gootablog)です。

僕は最近コーヒーを始めたんですが、最初はコーヒー豆ってどこで買えばいいんだろうって思ってました。
こじんまりとしたコーヒ屋さんとかよく街中でみかけるけど、初心者にはどことなく入りづらい雰囲気が・・・。マスターが無愛想な気がするとか初めての人には冷たいとか変なイメージがあるんですよね。

コーヒー屋さんを調べていると、「やなか珈琲店」という入りやすそうなお店を見つけたので試しに買いに行ってみました。

やなか珈琲店とは

注文ごとに生豆から焙煎するコーヒー豆専門店。豆は農園指定や産地直送の仕入れにこだわり、の鮮度を大切にした焙煎したてのコーヒー豆を販売しています。

都内に31店舗展開していていろんな場所にあるので、とても買いに行きやすいです。

コーヒー豆の種類が豊富

やなか珈琲店はなんといっても、コーヒー豆の種類が豊富です。

複数の産地のコーヒー豆を配合したブレンドや、アフリカ・アジア・中南米など世界各地のコーヒー豆1種類だけを使うストレート約30種類程揃えられています。
毎回行く度に種類が多くてどれにしようか迷いながら買います。

僕は最初何も分からなかったのでブレンドを購入。そこから次に買う時は聞いたことある産地のものや、商品パネルに酸味・コク・苦味・風味などの味の詳細が書かれいてるのでそれを参考に買うようにしました。

買うのは100gから

買うのは100gから買うことができます。量は100g単位で指定可能。

コーヒー豆100gってどのくらい持つかというと、僕の場合土日に2杯ずつ飲んでいて1杯に10~15g使うので、2週間でギリギリ足りるか足りないかってくらいですね。本当は150gだとちょうどいいんですけど、50g単位とかにならないかなぁ。

ローストの度合いも指定できる

ローストも4〜10の番号から指定ができます。4に近いほど酸味が強く、10に近づくほど苦味が際立ちます。
産地で悩んだあとはローストでも悩みます。ローストの度合いによっては味が変わるのでそれを楽しめるともっとコーヒーが楽しくなるかも。

僕はスタンダードな7ローストでお願いしています。これからエスプレッソなども淹れてみたいので10や9でも頼んでみるのもいいかもしれない。

店員さんは気さくに教えてくれる

初めてコーヒー豆を買ったのがやなか珈琲店だったんですが、わからないことがあったら気さくに教えてくれました。

苦味が好きとか好みを伝えればおすすめを教えてくれるし、コーヒー豆は買ってからいつまでに使い切ったほうがいいのか(2週間くらいがいいらしい)などいろいろ話すことができるので積極的に聞くべしです。

まとめ

いろいろの買い方があるので、買いに行く時は毎回楽しみになっています。
ローストを変えてみたり、挽き方、淹れ方を変えてみたり、自分の1杯をやなか珈琲店で探してみてはどうでしょう。

ネットからの注文もできるみたいなので、買いに行くには遠いという方やちょっとお試しにという方は使ってみてください。

やなか珈琲店

ケン(@gootablog)のヒトコト
ロースト中のコーヒーが至福です
Coffee