【リンパ腫闘病記】治療後初めての経過観察

article-thumbnail

こんにちは、お読みいただきありがとうございます。
Ken(@gootablog)です。

治療が終わってから5ヶ月ほど経ちました。身体的にも、精神的にもコンディションはよくなって精力的に生活しています。

この間初めての経過観察があったのでその様子を書いていきたいと思います。

診察内容

これといって特別な検査はしませんでした。
したのは血液検査と診察、触診のみ。

 

血液検査

これは治療中にやっていたものと同じでした。容器2つ文の血液を取りました。

この2つで血液の状態と、腫瘍マーカーというガンがあると高まる数値を見ているみたい。
今回は正常値だったので良かったです。

 

診察(触診)

担当の先生だったので、「調子はどう?」から始まって状態やら近況やらを話しました。

触診は、首や鎖骨周り、脇の下のリンパ腫ができやすそうな部分を診ていました。

こちらも特に問題はないとのことなので良かったです。今の段階では3ヶ月に1度のペースで経過を見ていくとのことでした。

 

PET検査は年に1回らしい

診察の時に聞いたのはPET検査は年に1回程度で行なっていくそうです。
まぁ保険適用外で検査すると10万は超えるし、保険適用しても3万ちょっとかかる。国の医療費の負担も多くなるから頻繁にはできないみたい。

ガンってほぼ確実にわかって範囲をみたいとか、ガンの疑いがあってそれをきちっと確かめたいなどの状況でない限り、保険適用での検査は難しいかと思います。

僕の場合なんかはおそらく血液検査の腫瘍マーカーで値が異常な場合とか、レントゲンで異常が見られたりしたときに緊急で検査をするって感じになると思います。

 

まとめ

何はともあれ異常が無くて良かったです。1回なってしまったら、再発という恐怖が切っても切り離せなくなります。なので今後もしっかりと健康な生活をして見守っていきたいです

ケン(@gootablog)のヒトコト
診察が終わるまでめちゃくちゃドキドキしてました・・・。
リンパ腫
リンパ腫